LOG IN

CDレビュー⑦by 山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)

3ピースだからこそ生きてるそれぞれのフレーズが聴覚を刺激してくれる。 女性独自の繊細さと優美さが混ざったこの音は男性には中々出せないだろうなと思います。 久々にこんな面白いバンドに出会いました。みなさんの日常を必ず彩ってくれるはずです。 ちなみに俺は最近夜深い時間に部屋真っ暗で聴いてます。(笑) THE ORAL CIGARETTES Vo & Gt  山中拓也

CDレビュー⑥ペーター氏(裸体)

セクシーでミステリアス。トリッキーでエレガンス。大阪の街で現れた妄想の集合体から放たれる音楽は凄まじく、儚いのである。おめでとでやんす! 裸体  Vo&Gt  ペーター

CDレビュー❺by野津知宏氏(天王寺Fireloop / ASR RECORDS)

paranodi voidの新譜「Literary Math」が凄いです。 最初に聴いた時は驚きましたけどね。振り切りすぎ!って。 元々、テクニカルでプログレッシブな音に美メロの歌が乗るというのが、ざっくりとしたパラボイのイメージでしたが、そこからごっそり歌が消えていたわけですから。 インストバンドになった、そら驚くでしょ? ただ、インストだからって構えて聴く必要はない

CDレビュー❹by 安斎智輝氏(京都GROWLY)

少ない言葉でとても深い思想世界を表現している『Literary Math』、届きました。 "マスロック"という言葉が生まれて久しいが、そのイメージを覆すのではなく新しい解釈を与える作品でした。 これは現代マスロックのカッティングエッヂだなぁと思う。 複雑な音楽はインパクトはあれど何回も聴くのはしんどい年頃になりましたが、あ、もう20周近く聴いてる。 お手上げ

目で聴く「Literary Marh」〜セルフライナーノーツ〜

11月1日に、私たちの1st Full Album「Literary Math」が発売されました。 アルバムに収録した楽曲たちは、もちろん「CDを聞く」という行為それだけで完結するように制作しています。ですが、私たちの曲作りの仕方や音楽との向き合い方など含めて「CDには収録しきれない部分」も当然あるので、せっかくならそのあたりも知ってほしいなと。 そこで、アルバムに対する私たち