LOG IN

CD Review③by Fuad Alhabshi(Kyoto Protocol)

by paranoidvoid

paranoid void’s first album is an aural journey with every track in equal parts dreamy and progressive.
 The twists and turns keep you at the edge of your seat, in anticipation of what’s to come. 
A particular highlight would be 世界の全ては where the band takes an unexpected turn introducing more acoustic instruments (the upright bass a particular highlight) with unnerving precision. 
No matter the instrument or the sub-genre, paranoid void delivers with a masterful command of their instruments. 
Another point of note would be the sublime ethereal quality to the vocals, despite the fact that they sparsely feature. 
This is, without a shadow of a doubt, a recommended listen from the Osaka natives!


■日本語訳
paranoid voidの1stフルアルバム、全曲通して言えるのは幻想的かつプログレッシブって事。
聴覚的な旅に連れていってくれるよ。
難解な曲構造は先の展開を想像せざるをえないしワクワクさせてくれるんだ。
なかでも際立っているのは"世界の全ては"という曲だ。
この曲でバンドは想像もつかない程精密なアコースティックインストゥルメンタルを聴かせてくれる。(特にウッドベースが最高だ)
楽器やサブジャンルなんて関係ない。
paranoid voidの説得力がある演奏はそう言っているようにも聴こえる。
もう一つ注目するところは、まばらに散りばめられているにもかかわらず存在感を放つ壮大かつ絶妙なボーカルだ。
以上が僕が聴いた感想かな。
疑う余地なんかない、大阪の誇る最高のバンドだよ!


■Fuad Alhabshi(Kyoto Protocol   Vocal&Guitar)/ フー(キョウトプロトコル、ギターボーカル)
マレーシアを代表するロックバンド・Kyoto Protocolのボーカル・ギター。日本のアニメやロックが大好きなナイスガイ。パラボイちゃんはキョウトプロトコルの来日公演時に初対バン、その後2015年8月に行ったマレーシアツアーでも共演してもらいました。
 
https://www.kyotoband.com/



paranoidvoid
OTHER SNAPS